顔面亀甲メス豚奴隷 御薗しらゆき

「顔面亀甲メス豚奴隷 御薗しらゆき 」で雌豚を堪能!

顔面亀甲メス豚奴隷 御薗しらゆき 」で雌豚を堪能!

どうも、SM動画案内所です。

今回は、「顔面亀甲メス豚奴隷 御薗しらゆき 」という作品をご紹介します。

ちなみにタイトルに顔面亀甲とありますが、もちろん顔面をいじるだけでは終わりません。


いきなりビンタされて、顔をぐちゃぐちゃにされてしまいます。

タイトル回収シーン。

顔面亀甲+鼻フックという恥ずかしい状態で、街に出されます。

ピンクの薄手の服のせいで乳首が浮いてます。

通行人の注目の的。こんなのいたら確実に2回は振り返りますよね。


場面は変わって、今度はきちんと全身をゴム紐で縛られた状態で、木製の拘束具に拘束されています。

ギロチン台かな?

女優さんの太い体型と相まってボンレスハムみたいですね。

身動き取れない状態で強制イマラチオされちゃいます。

口からだらだら液体が垂れています。

精液を頭にこすりつけられてしまいました。


床に横たわったボンレスハムが自分で女性器を触って感じています。

ゴム紐をパチパチやられた痕が赤くなっていますね。

小便をかけられた後なのであたりに尿が飛び散っています。


今度は椅子に手足を拘束されて、股を広げた状態に。

このあと、電マやディルドなどで責められてしまいます。


細めの縄で緊縛状態。股間に電マが。

スポットライトが当てられています。なんかアーティスティックですね・・・

透明な開口器を取り付けられて、面白い顔になってしまいました。

黒いバラで叩かれて嬉しそうな雌豚さん・・・

口紅で文字を書いています。カキカキ。

「この女は顔面亀甲女です ドM デブ」でしょうか?

お次は、両手を縄で宙吊りされた状態で、ご主人様にご奉仕です。

乳首ナメナメ。

そのままフェラでご奉仕。

下から突かれて責められます。

手は縛られたまま、突かれます。

腹の肉が波打ってますね~


いかがでしたでしょうか。

まさに雌豚という言葉がふさわしいぽっちゃりドM女さんでした。

体型が太めだと迫力がありますよね~

下にサンプル動画も貼り付けておりますので、ご興味ある方はどうぞ。

本編が見てみたいという方は、「顔面亀甲メス豚奴隷 御薗しらゆき」のページへどうぞ!

それでは次回!

コメントを残す