調教大学奴隷学科 教育指導学部の血と肉

二人の雌豚が再教育される「調教大学奴隷学科 教育指導学部の血と肉」

二人の雌豚が再教育される「調教大学奴隷学科 教育指導学部の血と肉

こんにちは、SM動画案内所です。

今回は、「調教大学奴隷学科 教育指導学部の血と肉」というSM動画をご案内。


内容はハード目な調教系の作品です。

まずは軽~く全裸に首輪を付けてのフェラから。

そして尻たぶが真っ赤になるまでスパンキング

やはり調教と言ったら鞭ですよね。

手を拘束されて一本鞭でビシバシと打たれます!

熱々の蝋燭責め入ります。

お尻の穴までしっかりたらされちゃいます。

今度は女性期にもアツアツの蝋燭がたらされて・・・

四つん這いになって、アナルに蝋燭が差し込まれ、自動的に蝋が垂れる仕組みに・・・

下からのアングル。

赤い蝋が肌の白さを際立たせます。

ここでフェラをはさんで・・・

緊縛で後ろ手に縛られつつ、石抱き責め。

なにげに鼻フックも装着されています。

鼻フックプラス、口枷開口器のアップ。

いい感じに穴が空いてますね~

縄で手足を固定されたまま、金髪の男による生ハメ。


二人目の奴隷は女王様によるお散歩シーンから

赤い首輪とヒモがとってもおしゃれです。

そのままフェラ。

女王様にご奉仕(強制クンニ)して・・・

尻たぶが赤黒くなるまで滅多打ち!百叩き!

腕を吊り上げられ固定されて無防備な体へ、一本鞭の洗礼。

今度は足を固定されて逆さ吊り。

お尻が真っ赤ですね~。

逆さ吊りのまま、水責め。

これは拷問ですね・・・苦しそう。

口枷を付けられて、手足を固定されて、男たちによる生ハメ。


いかがでしたでしょうか?

ハードな内容で、本編には三角木馬や飲尿シーンも含まれています。

動画内で色々なバリエーションの責めが見られるのでお得感もあるかも。

ご興味ある方はぜひ。

▶「調教大学奴隷学科 教育指導学部の血と肉」のページはこちら!

コメントを残す